はちのへ演劇祭では、現在、参加者を募集しており、7月8日(日)10:00から、八戸ポータルミュージアム はっち2階シアター2において、オーディション&ワークショップを開催します。

ご参加の皆様は、次のことにご注意ください
・動きやすい服装でいらしてください(着替えの部屋はございますので、着替えをお持ちになっても大丈夫です)
・はっちの駐車場は使用出来ません
 公共交通を使用するか、近隣の有料駐車場をご利用ください
 最近できた東奥日報跡駐車場は100円/hです

また、見学だけでもしたいという方も大歓迎です。
事前申込みは不要ですので、当日、お気軽にいらしてください。
見学・参加は無料です。
[PR]
                                                       平成24年7月2日

  報道機関各位
                                                 はちのへ演劇祭実行委員会
                                                  実行委員長 柾谷伸夫

     はちのへ演劇祭 一般公募オーディション&ワークショップ開催の御案内および取材のお願い

 今秋、10月22日(月)から11月11日(日)の3週間、演劇連続公演を実施する「はちのへ演劇祭」について、キャスト・スタッフ・サポーターの公募をしておりましたが、その応募者のオーディション並びにワークショップを次のとおり開催しまので、取材について、何卒よろしくお願いいたします。

  ○はちのへ演劇祭 オーディション&ワークショップ
  ・日 時  平成24年7月8日(日)午前10時から11時30分
  ・場 所  八戸ポータルミュージアム はっち 2F シアター2
  ・主 催  はちのへ演劇祭実行委員会/八戸市(八戸ポータルミュージアム)

【はちのへ演劇祭企画趣旨】
 1980~1990 年代の八戸は≪演劇の盛んなまち≫として、1986 年には東北演劇祭の第1 回開催地となるなど、多くの劇団や劇場が並立し、若者の表現や力が街を覆っていました。また、高校演劇でも日本一に 3 度輝いた八戸北高校演劇部をはじめ、全国から注目を集めるまちでした。
 しかし、時代の変化の中、八戸では常設で活躍している劇団が「劇団やませ」「モレキュラーシアター」の 2 団体になるなど、演劇を志す人たち、高校演劇を終えて新しい演劇に携わろうという人たちには、寂しい現状となっています。同時に、八戸中心街も、挑戦する若者の情熱に溢れた時代は流れて、新たな活性化を模索しています。
 私たちは、若者が演劇・芝居を身近に触れ、参加し、表現し、共に新しいものを創ることこそが、八戸の演劇界を活性化するとともに、このまちを元気にする処方箋であると考えました。八戸の演劇シーンを支えてきた演劇人たちと、高校演劇部の皆さんや指導者の先生方、そして、新たに演劇に参加してみようという若者の皆さんが、秋の 3 週間に、「地域の資源を大切に思い、新たな魅力を創造する」八戸ポータルミュージアムはっちという新しい舞台で、挑戦する演劇祭を開催します。

【名称】はちのへ演劇祭
【日時】平成 24 年 10 月 22 日(月)~平成 24 年 11 月 11 日(日)
【主催】はちのへ演劇祭実行委員会 / 八戸市(八戸ポータルミュージアム)
【会場】八戸ポータルミュージアム 2F シアター2
【上演内容】
 1 一般短編演劇
 2 高校演劇
 3 一般長編演劇
【企画概要】
 八戸ポータルミュージアムはっちの小劇場スペース「シアター2」を利用し、3 週間にわたり演劇上演を実施するものです。第 1 週は市民による短編演劇の連続上演、第 2週は高校演劇の週末上演、第 3 週は市民による長編演劇の週末上演を実施します。

○お問合せ 八戸ポータルミュージアムはっち 田中稔 0178-22-8228
[PR]
6月9日に募集を開始し、締切の7月5日が迫りつつある中、応募者が増えてきています。
ありがとうございます!
ここに来て、スタッフでの参加希望者も数人申し込みをいただいています。

そして今日、なんと、あの? 山本耕一郎さんにも参加いただけることになりました。
山本さんは、はっちのアートプロジェクト「はちのへのうわさ」も手がけた方で、その他にも数々のコミュニティアートを展開している方です。
そして今は、南郷アートプロジェクトにも深く関わられています。
 → 「山本さんち」のブログはこちら
演劇の舞台関係も手がけられていますし、何よりも美術のプロ、アーティストですので、何とも心強い限りです。

さぁ、段々と準備も整いつつあります。
7月8日(日)10:00からのオーディション&ワークショップに参加できないからと二の足を踏んでいる方、演劇なんてやったことないし、と遠慮しているあなた、どうぞお気になさらず、10月22日~11月11日に開催される、「はちのへ演劇祭」に参加してみませんか。
キャスト・スタッフ・サポーター、出来る範囲での参加で構いません。
興味を感じられた方は、是非ご連絡を! → 【応募についての詳細はこちら】
[PR]
繰り返しのご案内になりますが、はちのへ演劇祭では、参加いただける、キャスト・スタッフ・サポーターを募集しています。
応募締切は、7月5日(木)17:00、オーディション&ワークショップは、7月8日(日)10:00から、はっちで開催します。
また、「7月8日(日)のオーディション&ワークショップに参加できないが、演劇祭には参加したい」という方には、再オーディション、ワークショップのご案内を差し上げますので、遠慮なくお知らせいただければと思います。
お申込み方法などは、募集チラシに掲載してありますが、詳細は次に記載した記事をご覧ください。

【制作記者発表終了 そして 公募開始しました】

【はちのへ演劇祭 参加者&協力店募集中!】

【はちのへ演劇祭 7月8日の参加者の皆様へ】
[PR]
次の内容で、各所のメルマガに配信予定です。
ご協力いただける方は、下の文章を使って是非PRお願いいたします。


【「はちのへ演劇祭」キャスト・スタッフ募集のお知らせ】

・締切7/5(木)17:00まで
はちのへ演劇祭のキャスト及びスタッフを募集します。
活動に参加できる方ならどなたでも参加できます。
経験・年齢は問いません。(高校生以上)

・オーディション 7/8(日)10:00
・演劇祭上演日 11/9(金)・10(土)・11(日)
・場所 八戸ポータルミュージアム はっち 2階 シアター2
※お申し込みは e-mail で

【お問い合わせ先】
TEL:0178-22-8228/E-Mail:owner@spaceben.com

【ホームページURL】
http://hachigeki.exblog.jp/16019974/
[PR]
BeFM765MOVIEさんから、2012/06/11に公開いただいてました。
ありがとうございます。

YouTube動画リンクはこちら

突撃!はちのへオジャマ隊 
イベント広報隊 「はちのへ演劇祭」記者会見
2012年6月9日、八戸ポータルミュージアムはっち・シアター2で行われた、「はちのへ演劇」祭記者会見の模様を紹介。
はちのへ演劇祭は、2012年10月23日(火)~11月11日(日)の期間、はっち・シアター2にて開催予定。
カテゴリ:
エンターテイメント
タグ:
BeFM BeFM 八戸 オジャマ隊 はっち はちのへ演劇祭
[PR]
制作者向けニュースブログでも取り上げていただいています。
ありがとうございます。

制作者の為のニュースヘッドライン記事はこちら


【八戸で初開催、キャスト公募も】「はちのへ演劇祭」今秋開催へ

かつて「演劇の街」と言われた八戸で10月22日から11月11日、「はちのへ演劇祭」が初開催される。会場は2011年2月にオープンした八戸ポータルミュージアム「はっち」(青森・八戸市)。

全国高校演劇大会で3度日本一に輝いている青森県立八戸北高はじめ、多数の市民劇団が存在した八戸市は、演劇活動が盛んな街として知られていた。しかしここ最近は、上演できる会場がなくなったこともあり、劇団数も減少していたという。

昨年10月、演劇関係者によるシンポジウムが開催されたことをきっかけに、20~30歳代の高校演劇部OBらが中心となり、今回のプロジェクトが企画された。演劇祭では週ごとに、演技経験のある一般市民の短編演劇計12作品、高校生による約1時間の演劇、公募キャストによる長編演劇を上演する予定。

なお、実行委員会では現在、長編演劇に出演するキャストやスタッフ、また演劇祭のサポーターを募集中。参加条件は、高校生以上で稽古などの活動に参加できること。八戸市民でなくても応募可能。
参加申し込みは7月5日まで、オーディション実施は8日。お問い合わせは、はっち(TEL.0178-22-8228)。
[PR]
「はちのへ演劇祭」への皆様のご支援をお願いいたします

  ○協賛広告のお願い○  ← こちらからダウンロードもできます

 私ども「はちのへ演劇祭実行委員会」は、はちのへ近郊演劇への起爆剤として、八戸ポータルミュージアム はっちにおいて「はちのへ演劇祭」を開催することといたしました。
 この演劇祭は、沢山の人が演劇・芝居を身近に触れ、参加し、表現し、共に新しいものを創ることでこのまちを元気にしたいと考え、公募した市民の皆さんと秋の3週間に開催するものです。
 つきましては、趣旨をご理解いただき、協賛広告についてご支援くださいますよう、何卒お願い申し上げます。

・はちのへ演劇祭概要
期間 平成24年10月22日(月)~11月11日(日)
場所 八戸ポータルミュージアム はっち 2 階 シアター2
主催 はちのへ演劇祭実行委員会・八戸市(八戸ポータルミュージアム)
     上演内容 一般短編演劇、高校演劇、一般長編演劇

・パンフレット
 モノクロ16ページ 2,000部
 ※パンフレットは、印刷完了後、協賛広告をいただいた皆様に1部ずつお送りいたします。

・広告料 一口 5,000 円 (45mm×90mm)
 ※全ページで30口程度掲載予定

・協賛いただける場合は、お伺いさせていただきますので、ご連絡をお願いいたします
 Tel. 0178-22-8228
 FAX. 050-3588-8350
 e-mail owner@spaceben.com
[PR]
はちのへ演劇祭関連について、アミューズに寄稿しましたので、掲載します。

演劇祭始動! らしいね
 田中勉/スペースベン主宰


 八戸市中心街に誕生した「八戸ポータルミュージアム はっち」は、地域の資源を大事に想いながら、まちの新しい魅力を創り出すところ。(出典:はっちHP)

d0227075_17261865.jpg このはっち2階にあるシアター2を活かし、演劇でまちを活性化できないものかと、これまで数回に渡って、打合せをしてきた。
 モレキュラーシアターの豊島さん、ごめ企画の柾谷さん、どらまぐるーぷ川であった長谷川さん、芸能田中組の稔さん・しもさきさん、やませの大館さん、高校演劇関係者からは、川口さん、杉山さん等の他にも、若手演劇人数名も加わり、正に劇団の枠を超えた打合せが行われてきた。
 まずは何よりも、このような企画を考え、10月下旬からの3週間にも及ぶ期間を提供していただいた、はっち側に感謝をしなければならないだろう。
 しかし、場所を提供されただけでは何も始まらない。脚本選びや稽古をはじめ、それらのスケジューリング。演劇祭を成功させ、観客の皆さんや、関わった皆さんが幸せになれるべく、これからが寄り道を何度も繰り返し、一見ムダとも思えるような、気の遠くなるような作業が待ち受けているのである。

d0227075_17271732.jpg 今回の演劇祭の詳細は、間もなく組織される実行委員会から、市民の皆さんへのお知らせがあると思うので、ここではまだ触れることはできないが、先に述べた劇団ごとに作品を上演する形態ではなく、劇団の枠を超えた入り乱れての一つの作品を創り上げていくことが基本になってくると思っている。

d0227075_17272864.jpg その意味からも、先に集まって打合せを重ねて来たメンバーも、火種となるべく熱い思いを持ったメンバーということであり、役者としての出演が約束されたものではない。
 スタートラインには、市民の皆さんも横一線に並んでいる。興味のある方は、是非ご連絡ください。

掲載元(スペースベンブログ)はこちら
[PR]
はちのへ演劇祭実行委員会では、一般長編作品(1時間30分程度)に参加いただけるキャスト・スタッフ、また、演劇祭のサポーターを募集しております。
活動に参加できる方ならどなたでも参加できます。経験・年齢は問いません。(高校生以上)
稽古日時等は追って連絡いたしますので、募集チラシまたは申込書をダウンロードするか、下記の必要事項を記入し、FAXまたはe-mailでご応募ください。
応募用紙ダウンロードはこちらをクリック
・上記ダウンロード以外でも、次の項目をご記入の上、お申込もできます
1 氏名(フリガナ)
2 年齢
3 住所
4 連絡先電話番号
5 e-mailアドレス
6 参加希望ジャンル(複数回答可)
 (1) キャスト
 (2) スタッフ
 (3) サポーター
7 プロフィール(自己PR)
・申込方法(FAXまたはe-mail)
1 FAX 050-3588-8350
2 e-mail owner@spaceben.com
・申込締切 平成24年7月5日(木) 17:00必着

d0260262_19593216.jpg
【募集チラシは左の画像かこちらをクリック】

また、この募集チラシを設置いただけるお店等も探しております。
ご協力いただけるお店等がございましたら、是非お知らせください。
・設置枚数 お店等のご希望に合わせます
・設置期間 平成24年7月5日(木)まで

○キャストオーディション
・平成24年7月8日(日) 10:00~
・八戸ポータルミュージアム はっち 2F シアター2

○はちのへ演劇祭
・開催期間 10月22日(月)~11月11日(日)
[PR]