タグ:一般長編作品 ( 43 ) タグの人気記事

はちのへ演劇祭実行委員会では、一般長編作品(1時間30分程度)に参加いただけるキャスト・スタッフ、また、演劇祭のサポーターを募集しております。
活動に参加できる方ならどなたでも参加できます。経験・年齢は問いません。(高校生以上)
稽古日時等は追って連絡いたしますので、募集チラシまたは申込書をダウンロードするか、下記の必要事項を記入し、FAXまたはe-mailでご応募ください。
応募用紙ダウンロードはこちらをクリック
・上記ダウンロード以外でも、次の項目をご記入の上、お申込もできます
1 氏名(フリガナ)
2 年齢
3 住所
4 連絡先電話番号
5 e-mailアドレス
6 参加希望ジャンル(複数回答可)
 (1) キャスト
 (2) スタッフ
 (3) サポーター
7 プロフィール(自己PR)
・申込方法(FAXまたはe-mail)
1 FAX 050-3588-8350
2 e-mail owner@spaceben.com
・申込締切 平成24年7月5日(木) 17:00必着

d0260262_19593216.jpg
【募集チラシは左の画像かこちらをクリック】

また、この募集チラシを設置いただけるお店等も探しております。
ご協力いただけるお店等がございましたら、是非お知らせください。
・設置枚数 お店等のご希望に合わせます
・設置期間 平成24年7月5日(木)まで

○キャストオーディション
・平成24年7月8日(日) 10:00~
・八戸ポータルミュージアム はっち 2F シアター2

○はちのへ演劇祭
・開催期間 10月22日(月)~11月11日(日)
[PR]
はちのへ演劇祭の上演作品は次のとおり予定しております。
一般短編作品は、多少入れ替えになる可能性がありますので、ご了承ください。

◆一般短編演劇:10月22日(月)~28(日) 上演23~28日
  「レフト・アームズ・ストーリー」 作:加藤健太郎/本体演出:加藤健太郎/左腕演出:昆賀子
                              /出演:安達良春/上演時間:30分
  「宝箱」 作:榊武昭/演出:榊武昭/出演:漆戸悠人・清水沙友未・平川麻衣/上演時間:20分
  「蟷螂少女の恋」 作:えとまさる/演出:えとまさる/出演A:沼山華子/出演B:柏木七穂/上演時間:30分
  「臨界点」 作:しもさき博之/演出:しもさき博之/出演:しもさき博之・莉奈/上演時間:30分
  「聞き屋」 作:中田絢子/演出:榊武昭/出演:蔦林彩加・柏井容子・金山澤一朗/上演時間:20分
  「最終面接」 作:沼沢豊起/演出:吉田美香/出演:田面木昭憲/上演時間:25分
  「リュックシャック」 作:沼沢豊起/演出:吉田美香/出演:織笠静子・田面木昭憲・土田哲也・外舘佳奈・                                        中嶋博之・中田絢子・中村貴子/上演時間:30分
  「コーヒー」 作:小寺隆韶/演出:柾谷伸夫/出演:柾谷伸夫、木村勝一、平葭健悦、柏木七穂/上演時間:25分
  「サルビア」 作:小寺隆韶/演出:中嶋博之/出演A:榊武昭・柏井容子
                             /出演B:田中勉、外舘暢子/上演時間:10分
  「電柱」 作:小寺隆韶/演出:田中稔/出演:田中稔・杉山康仁/上演時間:10分
  「自動車学校」 作:小寺隆韶/演出:柾谷伸夫/出演:柾谷伸夫・外舘暢子/上演時間10分
  「月を運ぶ」 構成・演出:磯島未来/出演:遠藤綾野、磯島未来、岩佐理恵/上演時間:30分
  全12作品 →タイムテーブルはこちら

◆高校長編演劇:10月29日(月)~11月4日(日) 上演3,4日
  高校生による長編作品(約60分)を上演予定
        11.04(土)19:00開演 八戸北高等学校「私たちの銀河鉄道の夜」
        11.05(日)マチネ13:00開演 八戸高等専門学校「Z伝説」
               ソワレ16:30開演 ウルスラ学院「あなたは幸せですか?」

◆一般長編演劇:11月5日(月)~11月11日(日) 上演9,10,11日
  公募参加者、演劇経験者等をキャストに
  平葭健悦(たいよしけんえつ)作、演出による「銀河鉄道の夜へ」出演者約20名で約90分の上演
  第1次キャスト案(暫定版8.4)はこちら
        11.09(金)19:00開演
        11.10(土)マチネ15:00開演、ソワレ19:00開演
        11.11(日)マチネ13:00開演、ソワレ16:30開演
[PR]
6月9日の制作発表記者会見の資料から、一般長編作品概要と出演者に望むこと、を掲載します。

タイトル: 銀河鉄道の夜へ
原作: 宮沢賢治  脚本・演出: 平葭健悦

ストーリー ;
天の川が美しく見える夜。銀河のお祭りである星祭りの日にジョバンニはカムパネルラと一緒に銀河鉄道に乗ります。キラキラ輝く天の川のすぐそばを走る銀河鉄道の中で、ジョバンニはいろんな人たちに出会います。学校では「ラッコの上着まだかい?」とイジメられるのですが、ここではいじめる人は誰もいません。どこまでもどこまでもいっしょに行こうと言うジョバンニ。しかしカムパネルラとの別れは突然やってくるのです…

出演者に望むこと;
舞台を創るには色々な人が必要です。出演者、裏方。果たして自分にやれるかどうか?という疑問はあるかもしれませんが、それはやってみないと分かりません。
今回の「銀河鉄道の夜へ」では出演者20名以上を予定しています。それにスタッフが加わると30名以上の人数が必要となるわけです。楽観的な考え方の持ち主だけが集まれば楽観的な舞台が出来上がるでしょう。ただそれに少し悲観的な考えの持ち主が加われば、出来上がる作品にある種の深みが生まれるかもしれません。ですから出演者プラス裏方の人たち、千差万別な考え方の持ち主、いろんなキャラクターが集まってこそ素晴らしい作品が完成すると考えます。
舞台で歌いたい人があれば歌うシーンを作りましょう。踊りが得意で披露したければダンスのシーンを取り入れましょう。ただ黙っているだけでそこに居たければ沈黙のシーンを作りましょう。音楽が好きな方には生演奏をしてもらうことになるかもしれません。作曲してもらうかもしれません。音響オペレーターとしてスタッフも必要です。衣装も作る必要があります。役にあったメイキャップも必要です。小道具や舞台装置を製作する必要だってあります。演劇には様ざまな関わり方があり、ここでは必要でない人材は居ないのです。
人には人それぞれの歴史があります。それぞれの境遇があります。それぞれの「違い」を持ち寄って、ひとつの演劇作品を共に創りましょう。芝居やるべし!ご応募お待ちしております。

作品について;
宮沢賢治原作の「銀河鉄道の夜」を脚色し「銀河鉄道の夜へ」とタイトルも新たに、はちのへ演劇祭のために創作するオリジナル作品です。
(ちなみに。水戸市内およびその近郊のアマチュア劇団を集め水戸芸術館で開催された【シアターフェスティバル水戸’96】において「ジョバンニの夜」(脚本・演出: 平葭健悦)として上演された脚本を、はっちシアター用に改稿します。)原作は第4次稿(通称ブルカニロ稿)を使用します。

演出者として思うこと;
私自身、八戸で演劇を上演することは久々の経験になります。
幻想第四次の銀河鉄道は無限大の宇宙を、北から南へ走ります。無限大の記号 ∞ は視点を変えれば 8 になり、「銀河鉄道の夜へ」の漢字を取り除けば「のへ」が残ります。
八戸のはっちシアターで八戸市民が創り出す舞台。無限大の可能性を秘めた「はちのへ演劇祭」。演劇文化の革新の花が北の街、八戸の夜空に咲くことを確信しています。

(文責 平葭健悦)
[PR]