タグ:メッセージ ( 26 ) タグの人気記事

柾谷実行委員長からのメッセージ04です。


先日、所用で大館へ。
世の中って不思議なことがありますネ。

大学での柾谷は国史研究室。卒論は安藤昌益。
いつかは昌益を舞台に上げたいという夢。
八戸に戻って3年目、昭和49(1974)年の秋
秋田県大館市二井田で昌益の墓が発見されたという記事。
高速未開通時。早速、田子~白萩平経由で当ても無く大館へ。
とにかく何とかなるだろうと教育委員会に飛び込む。
優しい職員の方が僕を案内。
温泉寺で墓の確認。昌益のご子孫の家は通り過ぎるだけ。
「昔、昌益という偉いご先祖があったという言い伝えあったので、現在のご当主さんが息子さんに昌益という名をつけたんですよ。昌益君は、今、大館商業高校でラッパ吹いています。」とのこと。
いつか、その昌益君に会いたいという熱い思い。
 
平成4(1992)年、八戸市教育委員会で昌益のビデオ制作。
メンバーと(制作の田中稔さんも仲間)大館市へ2泊3日の取材旅行。
「猪飢渇を見つめた人」「よみがえった安藤昌益」の2本。
最後に安藤家を訪ねたところ、畑作業帰りのご当主義雄夫妻とばったり。
「これ、持って行ぎなせえ」と山ほどの山芋を頂く。
昌益さんは別居中とのことで残念ながら会えず。

合併前の比内町から昌益一人芝居「出立つ日」の依頼。
公民館ホールで上演。
ご当主義雄さん夫妻が土産にと、またもやたくさんの山芋。
「昌益も見に来ていたんだが、先に帰った」とのこと。ん~、残念!

その後も、北千住での昌益シンポジウムやいろいろな所で義雄さんとは再会。
しかし、昌益さんとの出会いは果せず。

今回、山芋のかわりではないが、大館訪問ということで、八戸土産を持参。
久しぶりの訪問。なんと「安藤昌益生誕の地」という立て看板が!ビックリ!!
安藤家もリフォームで大変身。おっかなびっくりインターホーンを押す。
開いたドアから出た顔は義雄ご夫妻ではない。もしや?
そう、あの昌益さん。固い握手!高齢となった義雄夫妻と同居とのこと。

40年来の願いがようやく成就!現代の昌益さんの手は僕と同じく柔らかかった!
さあ、演劇の街はちのへ再生への願い成就に向けて頑張らなくっちゃっ!!

                             八戸演劇祭実行委員長 柾谷伸夫
[PR]
はちのへ演劇祭実行委員会 柾谷実行委員長のつぶやきです。


今日、とっても嬉しいことがありました。
14時過ぎ、八戸市美術館から職場に電話がありました。
「柾谷さん、今、坂本小九郎先生がいらっしてるんですけど。」
「行きます!! 今すぐ行きますっ!!」
柾谷は歳を忘れ?て美術館に走りました。

坂本小九郎先生は柾谷の中学1年の時の担任です。
演劇への道は彼からの影響が大きかったと思っています。
長く宮城教育大学の教員をなさっておいででした。
だから、40年以上会っていませんでした。

宮崎 駿監督の『魔女の宅急便』。
ご覧になった方は記憶があると思いますが、主人公のキキが知り合った女画家ウルスラの描いていた絵
あの絵は坂本先生が湊中学校で養護学級の生徒を指導した『虹の上を飛ぶ船』なんです。(坂本先生と宮崎駿監督の奇縁で採用になっています)
勿論、彼は鮫中学校でも『ウミネコの空』という素晴らしい版画を指導しています。

盛岡出身(現在在住)の彼は授業やHRで宮沢賢治のことを熱く語っていました。
今日も「オッペルと象」の話で盛り上がりました。
同行の次男の方は、最近観た映画『グスコーブドリの伝記』に感動していました。

はちのへ演劇祭で『銀河鉄道の夜へ』の上演をお知らせしました。
是非観たいとのこと。
柾谷個人的な想いですが、「これは、気を引き締めて頑張らないと」と思いました。 
八戸に2泊ということで、明日、我が家で夕食を一緒にとる予定です。

(柾谷と坂本先生の関係を述べると、長~くなります=もう充分長い…ゴメンナサイ)

d0260262_21433582.jpg d0260262_2144326.jpg






        湊中生徒の作品                                 『宅急便』に使われた絵

                             八戸演劇祭実行委員長 柾谷伸夫
[PR]
はちのへ演劇祭 柾谷実行委員長からのメッセージ第二弾後半です。

 →【メッセージ前半はこちら】


またまたまた話が変わります。
7月21日(土)~27日(金)まで長者山で『森のおとぎ会』が行われます。
今年で89回目です。毎朝5時半ピッタシから始まり6時45分ごろ終了です。
語り手が少なくなってきて困っています。
誰か手伝ってくれる方いませんか?勿論、ボランティアです。
朝5時半開始は大変ですが、1週間のうち1日でいいです。
語ったあと、仕事に行くということになります。
口演童話ということで、お話(童話)を暗記して5分~10分語る形です。
柾谷は老体?にムチ打って、7日間、準備等のため毎朝4時半出勤です。
でも、「南部昔コ」30ヶぐらいを、ここでものにすることができました。
対象は低学年の子が多いので大変ですが、自分のパフォーマンス力を高められます。
待ってますっ!

最後です。
7月1日付けで、柾谷は八戸市公民館で働くことになりました。
6月25日から体慣らしを兼ねて出勤しています。
公会堂・公民館・南郷文化会館を網羅しているのですが、入ってみて感じたことは、当たり前のことですが、
事務方も技術方もみなさん必死だということです。
貸館での仕事ぶりはみなさんご存じだと思いますが、自主事業に対する取り組む姿勢は尋常ではありません。
その他、自分たちでできるメンテナンスは自分たちでやっています。
汚れた壁のペンキ塗りは勿論(ペンキ屋さん?と間違えました)、今週は公会堂の椅子のペンキ塗りを手分けしてやっていました。
柾谷もこれから新しい企画をいくつか立ち上げる予定です。
きっといろんな形でみなさんの力を借りなければいけないこともあると思います。
その時は、宜しくお願いいたします。
例の地下?事務室で仕事をしていますので、どうぞお気軽にお出かけください。
新参者ですので、お茶などは出せないとは思いますが、お待ちしています。

話を元に戻しましょう。
「まもなく銀河鉄道の発車で~す。
 お乗り遅れのないようにお願いしま~す!!」
[PR]
はちのへ演劇祭 柾谷実行委員長からのメッセージ第二弾です。
2回に分けて掲載します。
後半もお楽しみに!

いよいよ7月に入ります。8日はオーデション。
本当の意味での“はちのへ演劇祭”の出発です。
頑張りましょうっ!!
ところで、平葭さんの『銀河鉄道の夜へ』を読みましたか。
面白いです。ワクワクドキドキです。
参加者全員の力で成功させたいと強く思います。
話はガラっと変わりますが、みなさんは“かつらな峡”って知っていますか?
平葭さん経営の釣り堀です。いや、釣り堀だけど、ロケーションは大自然の中での渓流釣りの気分です。
奥さんの愛情あふれる湧き水コーヒー、いわな焼干しラーメンが最高です!
(※注 かつらな峡は土日祭日のみ営業。現在は釣った魚の調理のみで、飲食部門はお休みしています)
時間があったら、ぜひドライブがてら行ってみてください。
平葭さん、余計なことを書いてゴメンナサイ。
ただ、僕が言いたいのは、かつらな峡⇔八戸中心街の距離が57kmだということです。
往復100km以上の距離を平葭さんは毎日通うわけです。
距離はどうでもいいのですが、それだけ平葭さんの想いは強いんだと思います。
その想いに僕らは応えなければと思います。

6日の実行委員会で1週目の短編の演出者とある程度のキャスティングをするみたいです。
一升桝には一升しか入りません。
メーンである『銀河鉄道の夜へ』を考慮しつつ、稽古日程等も合わせて、譲り合って、上手にやりくりしましょう。

稽古日程で思い出しましたが、プロデューサーの田中稔さんと事務局の柳沢さんの仕事ぶり、制作の田中勉さんの仕事ぶり、これから演劇集団を立ち上げようと思っている方は、是非参考になさって下さい。
集団をできるだけ長く存続させるためには、集団経営では絶対赤字を出さない、構成員に金銭的な負担はかけないがポイントです。
その意味で、制作・ディレクターの仕事ぶりは大いに参考になります。
あと、スタッフとしての仕事ぶりは竹井由美子さん・山田景子さん(今回は不参加)です。
柾谷はその献身的な仕事ぶりに、いつも感謝、感謝です。これも参考にして下さい。

またまた、話が変わります。
現在、市の委託を受けて、中心街の空き部屋調査をしている方々がいます。
名目は演劇活動など芸術活動の練習場確保のため(だと思うのですが)とのこと。
ちらっと見せてもらいましたが、賃料が例の盛岡のような金額の所はなかったようです。
高すぎて無理です。
管理運営等、難しい問題が山積みなのですが、僕としては、駐車場などのことを考えて、できれば旧柏崎小学校校舎を、最悪旧番屋小学校が使えればと思っています。
“はちのへ演劇祭”のメンバーに稽古等での苦労や思いの調査が入ると思います。
稽古場確保で大苦労しているのは事実ですので、その時、ぜひ「苦労している。困っている。旧柏崎小学校校舎あたりがつかえれば、云々。」
と答えて下さればと思います。強めに答えて下さい……?
少子化がどんどん進んでいます。小学校の統廃合がこれからも出てくるでしょう。
もし、どこかの学校が使えることになれば、僕ら演劇関係者だけでなく、各団体が大喜びだと思います。宜しく、お願いいたします。

 →【後半へつづく】
[PR]
今週水曜日(6月27日)、BeFMさんのお昼の生放送「びびスタ」の中の、13時15分ごろからの「はっちインフォメーション」コーナーに、榊さん出演決定!
今回の演劇祭のメンバーであり短編作品の演出も担当する、榊さんにご出演いただきます。(15分程度の予定)

「はちのへ演劇祭」について、熱く語ります!
榊さんのリクエスト曲にも注目!
お時間のございます方は、是非お聞きください。
今後も、BeFMさんや八戸テレビさんでも継続してPRしていきたいと思っていますので、皆様のご協力をお願いいたします。
[PR]
3週間、はっちのシアター2は演劇で溢れる。
“演劇で溢れる”
なんだかワクワクする言葉だ。嬉しくなる。

「先生、僕を覚えていますか?」
3月末だったろうか?某書店の職場担当員の声。
元の職場に見たことのある青年が微笑んで立っている。
前任者から受け継いだという。
忘れるわけがない。
彼が高校生のとき、一緒に合同ミュージカルを創った仲間だから。
当時2年に1回、三八地区高校演劇部合同ミュージカルをやっていた。
1つは学校の垣根を取っ払い、他校演劇部との交流をはかること。
もう1つは、これは僕が密かに思い描いていたことだが、
卒業後、これをきっかけに、彼らが横のつながりを得ることによって、
グループをつくり、演劇活動をやって欲しいという思いだった。

ちょうどいい!!
はっちで企画してくれたこの『はちのへ演劇祭』へ誘った。
さっそく彼は、当時の仲間や後輩たちに呼びかけた。
15人を超える仲間が集まったという。
停滞気味だった八戸の演劇界に新しい風が吹き始めた。
その風にあたるのが、今から楽しみだ。

                 八戸演劇祭実行委員長 柾谷伸夫
[PR]