○デーリー東北 2012.06.17
・【雑記帳】「演劇の街」再び

 三沢市の小学校に通っていたころ、学芸会で「走れメロス」の上演が企画されたことがある。セリヌンティウス役に立候補したが、実演であえなく落選。以降演劇に触れる機会はなく、これが唯一の芝居体験となってしまった。
 「八戸はかつて、一般市民による劇団が多い『演劇の街』だった」。今秋開かれる「はちのへ演劇祭」の取材でこの言葉を耳にした時、同じ青森県南地方でそんな躍動期があったのか-という驚きと、そんな恵まれた環境があったのに-という思いが交錯した。
 演劇祭実行委員会の中嶋博之さん(29)は、往時の熱気を知る最後の世代に当たる。八戸東高校で演劇に魅せられた。部活動以外でも各校の同志を募り、高校生演劇に夢中になっていたというから、筋金入りだ。
 首都圏から昨年帰郷したが、市民が芝居をする環境が無くなりつつあることに心を痛め、演劇祭への参加を決めた。「先輩方のおかげで演劇に出合えた。今度は僕らがバトンをつなぎたい」。熱く語る様子に、少しだけ昔の雰囲気を知った気分になれた。
 最後に演劇の魅力について尋ねると、居並ぶ大先輩を振り返り「うーん…何でしたっけ」。夢中になり過ぎて言葉にならない?(報道部・井上周平)
[PR]
# by 8engekisai | 2012-06-18 12:05 | 制作ノート
BeFM765MOVIEさんから、2012/06/11に公開いただいてました。
ありがとうございます。

YouTube動画リンクはこちら

突撃!はちのへオジャマ隊 
イベント広報隊 「はちのへ演劇祭」記者会見
2012年6月9日、八戸ポータルミュージアムはっち・シアター2で行われた、「はちのへ演劇」祭記者会見の模様を紹介。
はちのへ演劇祭は、2012年10月23日(火)~11月11日(日)の期間、はっち・シアター2にて開催予定。
カテゴリ:
エンターテイメント
タグ:
BeFM BeFM 八戸 オジャマ隊 はっち はちのへ演劇祭
[PR]
# by 8engekisai | 2012-06-17 09:52 | 制作ノート
制作者向けニュースブログでも取り上げていただいています。
ありがとうございます。

制作者の為のニュースヘッドライン記事はこちら


【八戸で初開催、キャスト公募も】「はちのへ演劇祭」今秋開催へ

かつて「演劇の街」と言われた八戸で10月22日から11月11日、「はちのへ演劇祭」が初開催される。会場は2011年2月にオープンした八戸ポータルミュージアム「はっち」(青森・八戸市)。

全国高校演劇大会で3度日本一に輝いている青森県立八戸北高はじめ、多数の市民劇団が存在した八戸市は、演劇活動が盛んな街として知られていた。しかしここ最近は、上演できる会場がなくなったこともあり、劇団数も減少していたという。

昨年10月、演劇関係者によるシンポジウムが開催されたことをきっかけに、20~30歳代の高校演劇部OBらが中心となり、今回のプロジェクトが企画された。演劇祭では週ごとに、演技経験のある一般市民の短編演劇計12作品、高校生による約1時間の演劇、公募キャストによる長編演劇を上演する予定。

なお、実行委員会では現在、長編演劇に出演するキャストやスタッフ、また演劇祭のサポーターを募集中。参加条件は、高校生以上で稽古などの活動に参加できること。八戸市民でなくても応募可能。
参加申し込みは7月5日まで、オーディション実施は8日。お問い合わせは、はっち(TEL.0178-22-8228)。
[PR]
# by 8engekisai | 2012-06-17 09:24 | 制作ノート
全国あちこちで、いろんな取り組みがされてますね。
はちのへ演劇祭も、「芝居やるべし!」(八戸弁で、芝居やりましょう!)とキャッチコピーつけてます。

大分合同新聞記事へのリンクはこちら


d0260262_046366.jpg 第2回ひた演劇祭が8月25、26の両日、日田市のパトリア日田である。海外でも定評のある演劇団体「チェルフィッチュ」(岡田利規主宰)など市内外の4団体が出演。目玉企画は市民から役者を募集し、1週間で舞台を創作する「芝居やるばい!」。集まった出演者に合わせて脚本を書くところから始めるという。チケットの販売は今月15日から。

 「芝居やるばい!」の作・演出は「F’s Company」の福田修志代表(長崎市)。8月20~24日(いずれも午後6時半~同10時)の練習と25、26日(午前10時~午後7時)のリハーサル、本番に全て参加できる中学生以上約10人を募集している。希望者は7月20日までに、市文化振興課(TEL0973-25-5000)へ(申し込み多数の場合は抽選)。
 地元の「劇団ソングライン」(半田和則代表)は、後藤ひろひと原作の「MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人」で笑いと涙の舞台に挑む。熊本を拠点に九州各地で活動する劇団「不思議少年」(大迫旭洋代表)は、日田を訪問した際の感想を基にしたという新作「帰れない3人」を上演。特別公演の「チェルフィッチュ」は新作の一人芝居「女優の魂」を、横浜市での初演に続いて披露する。
 25、26日ともに4作品を上演。前売り券は▽チェルフィッチュ(一般2300円、学生1300円)▽芝居やるばい!(一般千円、学生500円)▽ソングライン(一般千円、学生500円)▽不思議少年(一般1500円、学生千円)=当日券は300~500円増し。4公演通しのチケット(3500円)も20枚限定で発売する。問い合わせは実行委員会事務局(TEL090-1971-5502)へ。
[PR]
# by 8engekisai | 2012-06-17 00:48 | 制作ノート
八戸南高校の発表会が記事掲載されましたのでお知らせします。

デーリー東北新聞社の記事へのリンクはこちら


d0260262_0154540.jpg 2012年度で閉校となる青森県立八戸南高校(宮野明校長)が8日、八戸市公会堂で創立30周年を記念する生徒発表会を開き、吹奏楽部と演劇部の生徒たちが、母校への思いを込めた演奏や劇を、詰め掛けた保護者や在校生らに披露した。
 今回が最後の舞台の演劇部は、唯一の部員である清水健宏君(18)が「マイケルはミッシェルそして時々ミハエル」と題し、母校の閉校をテーマにした一人芝居を熱演。「どうして僕たちの学校には来年がないんだ、後輩がいないんだ」と、閉校への寂しさや悔しさを劇中で訴えた。

【写真説明】
閉校となる母校への思いを込め、迫力ある演奏を披露する吹奏楽部員
[PR]
# by 8engekisai | 2012-06-17 00:18 | 制作ノート