<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第四回はちのへ演劇祭のチケットのネット予約を開始しました。

お申込みは 【こちら】 から
[PR]
上演組合せとスケジュールが決まりました!
全10作品、8ステージ。どの回も見どころ満載です。
この機会に是非、全回ご覧ください!
・3月1日(火)19:00開演
 小さき花 出演/野沢亜由美
 鈴乃ちゃん 出演/田中稔、平川麻衣
 タクシー 出演/柾谷伸夫
・3月2日(水)19:00開演
 樹 出演/田中勉
 部屋 出演/加藤健太郎、中田絢子
 財布 出演/しもさき博之
・3月3日(木)20:00開演
 地下室 出演/安達良春
 もうひとつの幸福 出演/相模将喜、渡邉曜平、蔦林彩加
 写真 出演/植田祐介
・3月4日(金)19:00開演
 バラの花 出演/田中勉、鎌倉藍実
 タクシー 出演/柾谷伸夫
 鈴乃ちゃん 出演/田中稔、平川麻衣
・3月5日(土)14:00開演
 バラの花 出演/田中勉、鎌倉藍実
 地下室 出演/安達良春
 鈴乃ちゃん 出演/田中稔、平川麻衣
・3月5日(土)19:00開演
 小さき花 出演/野沢亜由美
 写真 出演/植田祐介
 タクシー 出演/柾谷伸夫
・3月6日(日)11:00開演
 樹 出演/田中勉
 もうひとつの幸福 出演/相模将喜、渡邉曜平、蔦林彩加
 写真 出演/植田祐介
・3月6日(日)14:00開演
 バラの花 出演/田中勉、鎌倉藍実
 財布 出演/しもさき博之
 部屋 出演/加藤健太郎、中田絢子
d0260262_14381089.jpg

[PR]
 今は更地になり、新しいビル建設真っ最中のポータルミュージアムはっちの向かい。昔、そこにはウォークという商業ビルがあった。5階にあったパラボラという空間は客席150席ぐらいの音響・照明設備が整った小ホールで、演劇を中心に、様々な催しが展開されていた。
 1994(平成6)年6月、僕はそこで、八戸市民劇場例会として一人芝居『海村』を8日間にわたる12ステージに挑戦していた。この同じ期間に、これまた今はなき番町にあった旧東奥日報八戸支社ビル5階のホールで、ドラマグループ川を中心に、青森の野津こうへいや弘前の川村勝等を招聘して、月間うみねこに連載された短編ドラマをまとめた『俗物礼賛』の連続上演を実施していた。
 つまり、今回の第四回はちのへ演劇祭『俗物礼賛』の上演は20年振りの再演ということになる。10分から15分の芝居を毎日3本ぐらい楽しめる趣向だ。軽妙な筆致の中に、どの作品にも小寺らしい毒を潜めている。出演者は20年前と全て代わっている。是非とも、いまの『俗物礼賛』を観ていただきたい。尚、芝居の他に、磯嶋未来の振付作品も上演される。
[PR]
上演作品、まずは一つ目のご紹介。
小寺隆韶作品集 俗物礼賛から「タクシー」。
/夜。十時をまわっている。バス停に立つ男。どこか落ち着かない。
のト書きで始まるこの作品。
柾谷伸夫氏、はちのへ演劇祭へは久々の出演です。
いぶし銀の演技にご注目ください。
[PR]
今回はちょっと告知が遅れておりますが、密かに? 第四回はちのへ演劇祭の準備を進めていましたw
今回も制作を担当するベンです。
ちょっとずつ、情報を出していきますw
まずは今回の会期と場所から。
・平成28年3月1日(火)~6日(日)
・八戸ポータルミュージアム はっち 2階 シアター2
今年は、脚本家の故小寺氏の三回忌でもあり東日本大震災から丸5年経過する節目の年でもあり、演劇として何が出来るのかを考えつつ楽しんでいただけるものとしたいと思っています。
詳細は 【こちら】 からもご覧いただけます。
[PR]