<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

制作のKです。

本日は実行委員会での打ち合わせがありました。

内容はズバリ、「来年度の事業計画」!

まだ今年度のはち劇が終わっていないのに、もう来年度のことを考えなければならないなんて...(;o;)

と、頭を悩ませつつも、実行委員でそれぞれのやりたい方向性を出しあいました。

第三回はどんなはち劇になるのか、乞うご期待!



と、その前に、第二回はちのへ演劇祭もお忘れなく(^-^)/
[PR]
第二回はちのへ演劇祭に参加される劇団さんをご紹介するこのシリーズ。
第二回目は、劇団INTELVISTAさんです。

劇団INTELVISTA
【代表】
 赤沼 哲史
【創立】
 1997年
【紹介】
 演者と観客の境目のない狭い空間での、日常の何気ない会話を用いた表現で、朗読劇、短編など含めた様々な公演を行う。上演作品のほとんどを座付き作家の沼沢豊起が手がけており、他の劇団や映像作品へも脚本を提供している。また、役者陣も多くの劇団や演劇イベントに参加している。代表作「リュックシャック」「ふたつの流れの交わるところ」「大人の世界」等。
【コメント】
 今年の演劇祭は劇団員の個人参加。今年は劇団としての参加。はっちのINTELVISTA。今回は演劇祭に向け書き下ろした新作。

劇団INTELVISTAさんのブログはコチラ!

(劇団紹介とコメントは、劇団INTELVISTAさんからいただきました。ありがとうございました!)
[PR]
こんにちは!制作のKです。
先日行った記者会見ではあいにく台風の直撃とぶつかってしまいましたが、参加劇団の代表の方もお二人来ていただき、無事に終えることができました~。
青森大学演劇団「健康」さん、まぐねっと.comさん、ありがとうございました!

さて、今回からは第二回はちのへ演劇祭に参加される劇団さんをご紹介します!
第一回目は、アクトプロジェクトToyBoxさんです。

アクトプロジェクトToyBox
【代表】
 榊 武昭(はちのへ演劇祭実行委員長でもあります!) 
【創立】
 2013年
【紹介】
 アクトプロジェクトToyBoxは演劇をやってみたい方々を応援するというコンセプトで、八戸市を中心に活動しているプロジェクトチームです。初心者でも演劇に気軽に触れられるような演劇ワークショップを週に1回程度開催している他、今年6月にオープンボックスパーティと称した旗揚げ公演を実施いたしました。
【コメント】
 アクトプロジェクトToyBoxは、オムニバス形式を一つのカラーとしています。今回は、居酒屋という共通の世界観で三名が手掛けた三つの創作コメディ作品を、ノンストップのオムニバスで上演します。作風の違う三つの作品が場面転換を行わずに同じ舞台装置で融合していく雰囲気をお楽しみください。また、舞台が初めての方や久しぶりに舞台に立つという方と一緒に楽しく舞台を手掛けているので、親しみやすいものを提供していきたいと思っています。ぜひ、お気軽にご覧ください。


(劇団紹介とコメントは、ToyBoxさんからいただきました。ありがとうございました!)
[PR]
去る、10月16日(水)に行われた「第二回はちのへ演劇祭」の記者発表の様子です。

d0260262_22522070.jpg記者会見の会場は、第二回はちのへ演劇祭の会場でもある「はっち」のシアター2。









d0260262_2254791.jpg右から、八戸ポータルミュージアムはっちの風張館長、柾谷顧問(前実行委員長)、榊実行委員長、清水舞台監督。








d0260262_2257579.jpg榊実行委員長が今回の第二回はちのへ演劇祭の趣旨を熱く語っています。









d0260262_22592213.jpg実行委員長のバトンタッチ式にて、かたい握手を交わしたお二人。














d0260262_22594480.jpg参加劇団から、青森大学演劇団健康の村下さんが来てくださいました。(昨年まで八戸市内の高校に通われていた方です!)











d0260262_2314545.jpgまぐねっと.comから、代表ののざろうさんです。












大荒れの天候の中、足をお運びいただいた皆様、本当にありがとうございました。

More
[PR]
第二回はちのへ演劇祭の概要です。プレス発表時に配布した資料と同じ内容です。
※2013.7.1付けの記事でお知らせした内容と変更がありますので、ご注意ください。


【企画趣旨】
 八戸の街と演劇界の活性化を目的に、平成24年10月23日~11月11日までの3週間、はちのへ演劇祭を開催し、この演劇祭を通じて多くの方々に演劇の魅力を発信することができました。また、参加者が初めてあるいは改めて演劇に携わったことにより、新たな劇団が立ち上がるなど、八戸演劇界復活の起爆剤となりました。
 今回は、若手中心の実行委員会が演劇祭を企画し、参加する皆さんがお互いに刺激を受け合い、より素晴らしいものが創り出せる「場」となるように、青森市や盛岡市の劇団にも参加していただくことになりました。
普段は様々な場所で活動をしている各劇団が、3月の3日間、「はっち」に集結し、それぞれの魅力溢れる舞台を上演する場として、第二回はちのへ演劇祭を開催します。

【名称】
第二回はちのへ演劇祭

【日時】
平成26年3月14日(金)~16日(日)

【上演内容】
6劇団各1作品
内訳:45分以内の作品…5作品
   60分の作品…1作品

【参加劇団】
アクトプロジェクトToyBox、劇団INTELVISTA、まぐねっと.com、吉田美香、青森大学演劇団健康、劇団コトナコナタ


【主催】はちのへ演劇祭実行委員会 / 八戸市(八戸ポータルミュージアム)

【会場】八戸ポータルミュージアム はっち 2階 シアター2
[PR]
本日、10時から記者会見です!
会場の準備は万端!

d0260262_9242194.jpg

[PR]
by 8engekisai | 2013-10-16 09:24