<   2012年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

はちのへ演劇祭実行委員会 柾谷実行委員長のつぶやきです。


今日、とっても嬉しいことがありました。
14時過ぎ、八戸市美術館から職場に電話がありました。
「柾谷さん、今、坂本小九郎先生がいらっしてるんですけど。」
「行きます!! 今すぐ行きますっ!!」
柾谷は歳を忘れ?て美術館に走りました。

坂本小九郎先生は柾谷の中学1年の時の担任です。
演劇への道は彼からの影響が大きかったと思っています。
長く宮城教育大学の教員をなさっておいででした。
だから、40年以上会っていませんでした。

宮崎 駿監督の『魔女の宅急便』。
ご覧になった方は記憶があると思いますが、主人公のキキが知り合った女画家ウルスラの描いていた絵
あの絵は坂本先生が湊中学校で養護学級の生徒を指導した『虹の上を飛ぶ船』なんです。(坂本先生と宮崎駿監督の奇縁で採用になっています)
勿論、彼は鮫中学校でも『ウミネコの空』という素晴らしい版画を指導しています。

盛岡出身(現在在住)の彼は授業やHRで宮沢賢治のことを熱く語っていました。
今日も「オッペルと象」の話で盛り上がりました。
同行の次男の方は、最近観た映画『グスコーブドリの伝記』に感動していました。

はちのへ演劇祭で『銀河鉄道の夜へ』の上演をお知らせしました。
是非観たいとのこと。
柾谷個人的な想いですが、「これは、気を引き締めて頑張らないと」と思いました。 
八戸に2泊ということで、明日、我が家で夕食を一緒にとる予定です。

(柾谷と坂本先生の関係を述べると、長~くなります=もう充分長い…ゴメンナサイ)

d0260262_21433582.jpg d0260262_2144326.jpg






        湊中生徒の作品                                 『宅急便』に使われた絵

                             八戸演劇祭実行委員長 柾谷伸夫
[PR]
はちのへ演劇祭について、田中稔プロデューサーからアミューズに寄稿いただきましたので、掲載します。

「芝居やらねが」
 田中稔/はちのへ演劇祭プロデューサー


d0260262_2244541.jpg 私が芝居に参加したのは意外と遅く25歳の時である。それまでは柔道に打ち込む好青年?であったが、長横町の演劇関係者の集まるあるスナックで寡黙に酒を飲んでいたら素人の私に「君、芝居やらねが?」と当時ワクワク企画という演劇プロデュース企画代表の長谷川直行さんから声をかけられ初めて出演したのが「ニッポンウォーズ」1985年6月9日の公演であった。
 あれから27年八戸ポータルミュージアムはっちで「はちのへ演劇祭」のプレス発表の場に出席している自分がいる。これも何かの縁なのであろう。
 1980年代と言えば、バブルの時代であり全国的にも第三舞台、自転車キンクリート、キャラメルボックス等々新しい劇団ができていったが、八戸でもアララギ派、ワクワク企画、プレカン、我楽多屋、田中組、未成年劇場等々例外なく沢山の劇団ができた。八戸は元々高校演劇では日本一に三度輝くなど土壌はできており、80年以前からも劇団が数多くあり稽古場を所有している劇団もあり稽古場での公演を実施していた。そこに新興劇団ができたからもう大変、酒場では大声で、打ち上げではとっくみあいの演劇論が交わされ、本当に熱い芝居が演じられ、観ることができたのではないだろうか。
d0260262_2261245.jpg しかし、バブルの崩壊と共に劇場が減り、劇団が減り、観劇の機会が減りそして、当時頑張っていた人達は歳が増え、体重が増えて身軽さがなくなってしまった。
 このままで良いのだろうか、歳と体重の増えた人達は思っていたに違いない。そんな時、はっちで演激討論会なるイベントが昨年行われ、ある若い女の人が「今八戸で芝居をやりたいけれど劇団もわからないし、どうすればよいですか。」との質問があった。パネラーの人達はみんなショックを受けた。やっぱり芝居をやらなければ八戸は駄目になる(大袈裟か?)。やろう!

d0260262_2274081.jpg 2012年6月9日 はっち2階シアター2「今年の10月22日から11月11日の3週間、八戸演劇活性化の起爆剤として演劇を上演します。ついては演劇のキャスト、スタッフ、サポーターを募集します。演劇経験は不問です。あと足の長さや顔の大きさについては田中稔を基準に・・・・・」
 今、このアミューズを読んでる君、「芝居やらねが!」




d0260262_2293333.jpg田中稔プロフィール
1959年生まれ1986年「ニッポンウォーズ」で一緒だった下崎博之と二人で「芸能田中組」を結成。「悪魔のいるクリスマス」(作・北村想)で旗揚げ。現在田中組としての活動はしていないが、今年9月7~9日の「酔っ払いに愛を」の中で久々の二人芝居予定。
[PR]
d0260262_16473939.jpg一般公募で参加していただいた皆さんと、演劇祭の準備を進めてきたメンバーが一緒に参加して、オーディション&第1回ワークショップを開催しました。@はっち2階シアター2

中嶋博之さんの司会で始められ、柾谷伸夫実行委員長の挨拶後、平葭健悦演出からの説明と続き、




d0260262_16482631.jpg吉田美香さんの指導の下でのからだほぐし、そして更に中嶋さんと漆戸悠人さんの状況設定に合わせたウォーキングを経て、対面でのコミュニケーション、







d0260262_16495833.jpgそして、「銀河鉄道の夜へ」脚本の回し読みと続きます。皆さん緊張はしているとはいえ、物怖じせず堂々と取り組んでます。








d0260262_1653038.jpgそして最後は、演劇祭への意気込みを表現した記念写真でポーズ。
応募していただいた皆さんもとてもうまくて、もちろん全員合格です!
張り詰めた緊張感の中でも、和やかに進めることができました。
皆さまお疲れさまでした!
次回の第2回ワークショップがますます楽しみです。

写真、沢山撮りましたが掲載しきれません! 徐々にアップしていきます。
[PR]
はちのへ演劇祭 柾谷実行委員長、参加者の中嶋博之さんが出演する、詩の朗読会が開催されますのでお知らせします。
是非ご参加ください。

募集!! 村 次郎の海
 風よ おまへは 確に人間だけを吹いてゐる時がある


d0260262_1211234.jpg『村 次郎全詩集』が刊行されて1年が経ちます。
村さん命名の原風景である鮫角海岸段丘を歩いてみませんか。そして村 次郎の精神の風景に触れてみませんか。
その後、素敵な場所「うみ音」で、村 次郎の詩の朗読を味わい、村さんについて語り合ってみませんか。
  【村 次郎の会】
       ※写真 葦毛崎から釜の口への径

d0260262_1274024.jpg開催日:9月29日(土)
第1部 雨天中止(霧雨・小雨決行)
 <村さんの歩いた小径をたどる>
  集合場所 葦毛崎展望台 時刻13:10 
   ~村さんと同道した方が案内します~
   【JRor市営バスの時刻表】
    八戸駅発12:19→本八戸駅発12:28→鮫駅着12:40
    ワンコインバス・うみねこ号(運賃は均一100円)
     鮫駅発12:50→葦毛崎13:01
  ※写真 大須賀海岸への径            参加者は終了後そのまま「うみ音」へ

d0260262_12122718.jpg第2部 参加費:ドリンク&ケーキ代750円       
<詩の朗読>と<分かち合い>          
 会場 「うみ音」 15:00~16:20 
<詩の朗読会> 『村 次郎全詩集』より         
 朗読者 柾谷伸夫/中嶋博之/高谷眞子(八戸高校)
<分かち合い>  司会者 上條勝芳
 村さんの愛した鮫の海を見ながら、“村 次郎の詩”と “人間 村さん”について語り合います。
【JRor市営バスの時刻表】
往路                                          ※写真 恵比寿浜の高台にある「うみ音」
 八戸駅発14:13→本八戸駅発14:22→鮫駅着14:35
 ワンコインバス 鮫駅発14:45→恵比寿浜着14:49
復路
 ワンコインバス 恵比寿浜発16:34→鮫駅着16:42
 鮫駅発17:15→本八戸駅発17:31→八戸駅着17:41

[申込み期限]8月31日(金) 定員(40人)になり次第、締め切らせていただきます。 
[申込み先・お問合せ先]039-1103 八戸市長苗代2-13-3 仁科源一方 村 次郎の会 宛
電話0178-29-4671  (申込みは葉書または電話でお願いします)
[PR]
はちのへ演劇祭では、一般公募で応募いただいた方のオーディションと、演劇祭の準備を進めてきた参加メンバー全員を対象としたワークショップを、7月8日(日)10:00から開催します。
この第1回ワークショップに参加できない方のため、また演劇祭としてもワークショップは継続開催したいということから、第2回ワークショップの日時を決定しましたのでお知らせします。

・7月12日(木)19:00 はっち5階レジデンスD

第1回に参加した方も、もちろん参加できなかった方も、是非ご参加ください。
また、見学してみたいという方も大歓迎です!
[PR]
はちのへ演劇祭への一般参加者も概ね見えてきたこともあり、実行委員会で、状況報告と今後の予定について進め方を決めていきます。
実行委員会の皆さまは、お忘れなきようご参加ください。
本日の会議は、実行委員のみの会議ですが、参加者の皆さまには、本日決まったことを、後ほどメーリングリストなどでお知らせします。

・はちのへ演劇祭第3回実行委員会
 7月6日(金)18:30 はっち5階 レジデンス
 1 参加者状況の報告
 2 7月8日(日)10:00から開催する、オーディション&ワークショップについて
 3 今後の予定など

※会場の駐車場はご利用できません。
 公共交通機関や近くの有料駐車場をご利用ください。
[PR]
6月9日から公募を始めた、はちのへ演劇祭 一般長編作品のキャス・スタッフの募集も本日17:00をもって締切となりました。
ご応募いただいた15人の皆さま、ありがとうございます!
これから一緒に演劇祭をつくり上げ、楽しく盛り立てていきましょう。

準備を進めてきた演劇祭も、これで一定のスタートラインに皆並ぶことができました。
本番に向けて、やるべきことはまだまだありますが、ワクワクしながら楽しみましょう!

また、演劇祭自体のサポーターは、まだまだ受け付けしています。
どうぞお気軽にお問合せください。
 ※お問合せ先 八戸ポータルミュージアム はっち/田中、柳沢/0178-22-8228 


【募集関係者・演劇祭参加者への過去のメッセージ】
 ・一般長編作品の概要と出演者に望むこと
 ・実行委員長の最近のメッセージ
[PR]
はちのへ演劇祭のキャスト・スタッフ・サポーターを募集しておりますが、いよいよ明日17:00締切です!

迷っている方は、どうぞ悔いの残らないようにご応募してみてください。

【応募についての詳細はこちらです】
[PR]
はちのへ演劇祭では、現在、参加者を募集しており、7月8日(日)10:00から、八戸ポータルミュージアム はっち2階シアター2において、オーディション&ワークショップを開催します。

ご参加の皆様は、次のことにご注意ください
・動きやすい服装でいらしてください(着替えの部屋はございますので、着替えをお持ちになっても大丈夫です)
・はっちの駐車場は使用出来ません
 公共交通を使用するか、近隣の有料駐車場をご利用ください
 最近できた東奥日報跡駐車場は100円/hです

また、見学だけでもしたいという方も大歓迎です。
事前申込みは不要ですので、当日、お気軽にいらしてください。
見学・参加は無料です。
[PR]
                                                       平成24年7月2日

  報道機関各位
                                                 はちのへ演劇祭実行委員会
                                                  実行委員長 柾谷伸夫

     はちのへ演劇祭 一般公募オーディション&ワークショップ開催の御案内および取材のお願い

 今秋、10月22日(月)から11月11日(日)の3週間、演劇連続公演を実施する「はちのへ演劇祭」について、キャスト・スタッフ・サポーターの公募をしておりましたが、その応募者のオーディション並びにワークショップを次のとおり開催しまので、取材について、何卒よろしくお願いいたします。

  ○はちのへ演劇祭 オーディション&ワークショップ
  ・日 時  平成24年7月8日(日)午前10時から11時30分
  ・場 所  八戸ポータルミュージアム はっち 2F シアター2
  ・主 催  はちのへ演劇祭実行委員会/八戸市(八戸ポータルミュージアム)

【はちのへ演劇祭企画趣旨】
 1980~1990 年代の八戸は≪演劇の盛んなまち≫として、1986 年には東北演劇祭の第1 回開催地となるなど、多くの劇団や劇場が並立し、若者の表現や力が街を覆っていました。また、高校演劇でも日本一に 3 度輝いた八戸北高校演劇部をはじめ、全国から注目を集めるまちでした。
 しかし、時代の変化の中、八戸では常設で活躍している劇団が「劇団やませ」「モレキュラーシアター」の 2 団体になるなど、演劇を志す人たち、高校演劇を終えて新しい演劇に携わろうという人たちには、寂しい現状となっています。同時に、八戸中心街も、挑戦する若者の情熱に溢れた時代は流れて、新たな活性化を模索しています。
 私たちは、若者が演劇・芝居を身近に触れ、参加し、表現し、共に新しいものを創ることこそが、八戸の演劇界を活性化するとともに、このまちを元気にする処方箋であると考えました。八戸の演劇シーンを支えてきた演劇人たちと、高校演劇部の皆さんや指導者の先生方、そして、新たに演劇に参加してみようという若者の皆さんが、秋の 3 週間に、「地域の資源を大切に思い、新たな魅力を創造する」八戸ポータルミュージアムはっちという新しい舞台で、挑戦する演劇祭を開催します。

【名称】はちのへ演劇祭
【日時】平成 24 年 10 月 22 日(月)~平成 24 年 11 月 11 日(日)
【主催】はちのへ演劇祭実行委員会 / 八戸市(八戸ポータルミュージアム)
【会場】八戸ポータルミュージアム 2F シアター2
【上演内容】
 1 一般短編演劇
 2 高校演劇
 3 一般長編演劇
【企画概要】
 八戸ポータルミュージアムはっちの小劇場スペース「シアター2」を利用し、3 週間にわたり演劇上演を実施するものです。第 1 週は市民による短編演劇の連続上演、第 2週は高校演劇の週末上演、第 3 週は市民による長編演劇の週末上演を実施します。

○お問合せ 八戸ポータルミュージアムはっち 田中稔 0178-22-8228
[PR]