番組02 地下室

上演作品、二つ目のご紹介。
小寺隆韶作品集 俗物礼賛から「地下室」。
/スモッグ漂う部屋。上に通ずる階段。むき出しの壁。一見して地下室とわかる。椅子がひとつあるだけ。
 やがて裸電球がポッと灯る。
 階段をよろめき下りてくる男。背広にネクタイ。服装は整っているが、ひどく疲れた顔。四十歳くらい。
のト書きで始まるこの作品。
安達良春氏、久々の一人芝居です。
はてさて、この作品をどう料理するか、見どころです。
[PR]
by 8engekisai | 2016-02-03 10:13 | 制作ノート