【劇団紹介⑥】劇団コトナコナタ

第二回はちのへ演劇祭に参加される劇団さんをご紹介するこのシリーズ。
いよいよラスト!劇団コトナコナタさんです。
コトナコナタさんは、今回の演劇祭に盛岡市から参加します。
盛岡はたくさんの劇団があり、演劇が盛んにおこなわれている街。
その勢いをぜひ八戸でも表現してもらえたらなと思います。

劇団コトナコナタ
【代表】
 稲邉弘康
【設立】
 2008年
【紹介】
 前川寛子、稲邊弘康がそれぞれ主宰・代表となり2008年旗揚げ。
 岩手県盛岡市を拠点として現在までに5回の公演を実施。
 丁寧で質の高い作品を発信していくことを目標にし、地域演劇の活性化の一端を担うべく、外部公演の客演等にも協力的な姿勢で臨んでいる。
 岩手県演劇協会、盛岡演劇協会加盟団体。八戸での公演は今回が初となる。
【コメント】
 こんにちは!劇団コトナコナタです。
 岩手県盛岡市で旗揚げした私たちは今年で結成5周年になります。
 今回は昨年の第65回岩手芸術祭戯曲シナリオ部門で奨励賞を受賞した、当劇団員である猿橋勇人の「アラウンダワールド」を上演することになりました。
 12月に盛岡で公演予定のこの作品を是非八戸の人たちにも見てもらいたいと考えています。
 新しい出会いを楽しみにしています。
 どうぞよろしくお願いします!
 

*劇団コトナコナタさんについてはコチラをご覧ください!



(劇団紹介文とコメントは劇団コトナコナタさんからいただきました。ありがとうございました!)
[PR]