はちのへ演劇祭 オーディション新聞記事

はちのへ演劇祭 オーディションの様子が、東奥日報に掲載されましたので紹介します。

○東奥日報
・全身で個性を表現 オーディションに挑戦(2012.07.11)
八戸市のはちのへ演劇祭実行委員会と同市が、10月22日から3週間にわたって開く「はちのへ演劇祭」の配役などを選ぶオーディションが8日、八戸ポータルミュージアム「はっち」で行われた。(東純史)

オーディションは、多くの参加者を募るため2回開催する。この日は、一般公募により三八上北地区に住む10代後半から60代の男女22人が集まった。後日、オーディションの結果をもとに、同演劇祭3週目に上演予定の市民長編演劇「銀河鉄道の夜へ」の配役やスタッフが決まる。
参加者は、歩行など体の動かし方や台本読みなどの課題に挑戦。発声チェックでは、声の大きさだけでなく身ぶり手ぶりも交えて自分を表現していた。八戸工大二高2年の外舘佳奈さん(17)は「緊張したけど、やれることはやった。自分ができることを精いっぱい頑張りたい」と抱負を語った。柾谷実行委員長は「それぞれ個性があって大変よかった。意欲のある人を今後も大歓迎する」と話した。
次回のオーディション7月12日午後7時から「はっち」で行う。対象は高校生以上。問い合わせは。はっち(電話0178-22-8228)へ
[PR]
by 8engekisai | 2012-07-14 10:16 | 制作ノート