大分合同新聞:舞台出演の市民募集 8月「ひた演劇祭」

全国あちこちで、いろんな取り組みがされてますね。
はちのへ演劇祭も、「芝居やるべし!」(八戸弁で、芝居やりましょう!)とキャッチコピーつけてます。

大分合同新聞記事へのリンクはこちら


d0260262_046366.jpg 第2回ひた演劇祭が8月25、26の両日、日田市のパトリア日田である。海外でも定評のある演劇団体「チェルフィッチュ」(岡田利規主宰)など市内外の4団体が出演。目玉企画は市民から役者を募集し、1週間で舞台を創作する「芝居やるばい!」。集まった出演者に合わせて脚本を書くところから始めるという。チケットの販売は今月15日から。

 「芝居やるばい!」の作・演出は「F’s Company」の福田修志代表(長崎市)。8月20~24日(いずれも午後6時半~同10時)の練習と25、26日(午前10時~午後7時)のリハーサル、本番に全て参加できる中学生以上約10人を募集している。希望者は7月20日までに、市文化振興課(TEL0973-25-5000)へ(申し込み多数の場合は抽選)。
 地元の「劇団ソングライン」(半田和則代表)は、後藤ひろひと原作の「MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人」で笑いと涙の舞台に挑む。熊本を拠点に九州各地で活動する劇団「不思議少年」(大迫旭洋代表)は、日田を訪問した際の感想を基にしたという新作「帰れない3人」を上演。特別公演の「チェルフィッチュ」は新作の一人芝居「女優の魂」を、横浜市での初演に続いて披露する。
 25、26日ともに4作品を上演。前売り券は▽チェルフィッチュ(一般2300円、学生1300円)▽芝居やるばい!(一般千円、学生500円)▽ソングライン(一般千円、学生500円)▽不思議少年(一般1500円、学生千円)=当日券は300~500円増し。4公演通しのチケット(3500円)も20枚限定で発売する。問い合わせは実行委員会事務局(TEL090-1971-5502)へ。
[PR]
by 8engekisai | 2012-06-17 00:48 | 制作ノート