はちのへ演劇祭 制作記者発表新聞記事 その3

制作記者発表の内容が、毎日jp(毎日新聞)記事にも取り上げていただきましたのでお知らせします。

毎日jp(毎日新聞)記事へのリンクはこちら

この記事は、YAHOO!ニュースでも取り上げていただいています


○毎日jp(毎日新聞)
・はちのへ演劇祭:今秋に初開催、活気を取り戻そう 出演者公募、高校生の舞台も /青森
毎日新聞 2012年06月13日 地方版

 「演劇のまち八戸」の活気を取り戻そうと、市民有志らが今秋、「はちのへ演劇祭」を初めて開催する。八戸市のポータルミュージアム「はっち」内の小劇場を舞台に、10月下旬から3週間にわたって公募キャストによる長編演劇や高校生演劇などが上演される。

 全国大会で3度日本一に輝いた八戸北高演劇部をはじめ、八戸には多くの劇団や劇場があり、80、90年代は演劇の町として知られた。ここ数年は劇団の数も減ったが、11年に劇場がはっち内に開設されたことを契機に、演劇関係者が実行委員会をつくって準備を進めてきた。

 八戸聖ウルスラ学院高演劇部で顧問を務めていた柾谷伸夫実行委員長は「演劇祭を起爆剤に、演劇で八戸の町を活性化させたい」と話した。

 実行委では、長編演劇に出演するキャストやスタッフ、演劇祭のサポーターを募集している。高校生以上で稽古(けいこ)など活動に参加できることが条件で、八戸市民に限らない。参加申し込みは7月5日までで、同8日にオーディションを行う。問い合わせは電話(0178・22・8228)。【神崎修一】
[PR]
by 8engekisai | 2012-06-13 14:51 | 制作ノート